商船三井/ユニパー社とFSRUの長期傭船契約を締結

2020年05月26日 

商船三井は5月26日、欧州ガス・電力最大手のUniper SEがドイツ北西部ウィルヘルムスハーフェン港で推進する洋上LNG受入基地プロジェクトの事業化に向けて、100%出資子会社を通じてFSRU(浮体式LNG貯蔵再ガス化設備) 1隻の20年間の発効条件付き長期傭船契約をユニパー100%出資子会社であるLNGターミナルウィルヘルムスハーフェン(LTW)と締結したと発表した。

<FSRUの位置図>
FSRUの位置図

同時に大宇造船海洋と新造FSRU 1隻の発効条件付き造船契約を締結した。

ユニパーは、ドイツで唯一の深水港であるウィルヘルムスハーフェン港でドイツ初の洋上LNG受入基地を推進しており、商船三井はLNG貯蔵容量26万3000m3、年間再気化能力100億m3を持つ大型FSRUを保有・操業して参画することを予定している。

FSRUはドイツ国内及びウィルヘルムスハーフェン港の特別な環境許認可に即したテーラーメイドな設計に基づき建造され、傭船開始次第、同港沖合に新設される桟橋に係留の上、LNGの受入・貯蔵・再ガス化を担う。

再ガス化された天然ガスは海底・陸上パイプラインを通って、ドイツ国内のガスパイプラインネットワークに供給される。これにより、陸上に再ガス化用の設備を建設する必要がなくなり、環境負荷を極小化するメリットが見込まれる。

また、このプロジェクトサイトはドイツ国内の長距離ガスパイプラインネットワーク及び主要ガス貯蔵設備の近くに位置する事から、比較的容易且つ低価格でのガスネットワークへの統合が可能となる。

■FSRU仕様概要
全長:341メートル
全幅:55メートル
LNG貯蔵能力:26万3000立法メートル
送ガス能力:2800万立法メートル/日
造船所:大宇造船海洋(韓国)

最新ニュース

物流用語集