ANA、豊田自動織機/羽田空港で貨物搬送自動化の実証実験

2021年03月22日 

ANAと豊田自動織機は3月22日、自動運転トーイングトラクターによる貨物搬送を想定した実証実験(自動運転レベル3相当)を羽田空港の制限区域で実施すると発表した。

<自動運転走行コース>
20210322ana1 520x475 - ANA、豊田自動織機/羽田空港で貨物搬送自動化の実証実験

実験期間は3月29日~4月2日までの5日間。羽田空港制限区域内で自動運転トーイングトラクターの実証実験を行うのは、今回が初の試みとなる。

<実証実験で使用する新開発の自動運転トーイングトラクター>
20210322ana 520x346 - ANA、豊田自動織機/羽田空港で貨物搬送自動化の実証実験

実験では、豊田自動織機が新たに開発した自動運転トーイングトラクターを導入する。

新型車は、取り扱い貨物が多く、走行条件の厳しい羽田空港での運用に対応するため、高精度な屋内外シームレス自動走行を実現する自己位置推定性能を有し、けん引重量の増加や坂路走行にも対応可能な走行性能を実現。さらに、豊田自動織機開発の樹脂ウインドウをキャビン部分に採用し、車両の安全性・デザイン性を兼ね備えるとともに、軽量化を図っている。

ANAと豊田自動織機は、国土交通省による航空イノベーション推進の一環として、2025年の無人搬送(自動運転レベル4相当)の実現を目指し、自動運転トーイングトラクターの取り組みを推進。2019年2月から九州佐賀国際空港と中部国際空港で自動運転トーイングトラクターの実用化に向け、実証実験と試験運用を重ねてきた。

今回の実証実験ではその成果を踏まえ、多くの航空機や複数種の空港支援車両が混在する国内最大の羽田空港でもトーイングトラクターが安全かつスムーズに自動走行できるかを検証。大規模空港での運用面での課題を抽出し、2021年10月からの実運航便での試験運用へとつなげる。

■実証実験の概要
期間:3月29日~4月2日 (5日間)
場所:羽田空港 制限区域内
自動運転コース:西貨物上屋~407番スポット~西貨物上屋(1周3km、15分)
車両:新開発の自動運転トーイングトラクター (3TE25)
速度(最大):15km/h
制御技術:路面パターンマッチング、GNSS(高精度衛星測位)、3D LiDAR

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集