DRONE FUND/医療品ドローン配送の米Matternetへ出資

2021年12月10日 
関連キーワード:

ドローン・エアモビリティ関連のスタートアップに特化したベンチャーキャピタルであるDRONE FUNDは12月10日、米Matternetへ3号ファンド(DRONE FUND3号投資事業有限責任組合)からの出資を実行したと発表した。

<Matternetの物流ドローン>
20211210drone - DRONE FUND/医療品ドローン配送の米Matternetへ出資

<ドローンポート「Matternet Station」>
20211210drone1 520x365 - DRONE FUND/医療品ドローン配送の米Matternetへ出資

Matternetは、2011年に設立された医療品のドローン配送サービスを提供するスタートアップ。都市環境でのオンデマンド空中配送のためのクラス最高の技術を開発しており、1万5000回以上の商用ドローンの飛行を行っている。

また、9月にはペイロードの積み込みと保管に加え、精密な着陸と離陸を自律的に行うドローンポート「Matternet Station」をスイスで商業展開。現在は、スイスポスト社やUPS社等の大手物流パートナーと共同で、スイスと米国で事業を展開しており、2022年にはドイツとアラブ首長国連邦で常設事業の開始を予定している。

MatternetのM2ドローンによる配送は、地上配送と比べて配送時間を最大70%短縮可能。日本の医療物流業界は慢性的な都市交通渋滞や労働力不足、新型コロナウイルス対策などの大きな課題に直面していることから、DRONE FUNDはMatternetのドローン配送によって患者ケアの向上、分散した医療インフラの統合、医療サプライチェーンの合理化などの大きな効果が見込めるとしている。

■Matternet概要
所在地:米カリフォルニア州マウンテンビュー
設立:2011年
事業内容:ドローンを用いた配送サービスの提供

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集