LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTTドコモ、空解/高精度測位で離島へ物流ドローン実証実験成功

2022年06月29日/IT・機器

空解とNTTドコモは6月29日、約40キロメートル離れた離島へのドローンによる救援物資などの運搬実証実験に成功したと発表した。

<豊見城市から座間味村へのドローン配送の様子>
20220629ntt1 520x352 - NTTドコモ、空解/高精度測位で離島へ物流ドローン実証実験成功

<VTOLドローン「QUKAI FUSION 2.0」>
20220629ntt2 520x348 - NTTドコモ、空解/高精度測位で離島へ物流ドローン実証実験成功

<座間味村 古座間味ビーチに正確に着陸した様子>
20220629ntt3 520x291 - NTTドコモ、空解/高精度測位で離島へ物流ドローン実証実験成功

また、「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」を活用し、あらかじめ設定した着陸地点に対し正確に着陸したことを確認した。なお、この実証実験は沖縄県座間味村、豊見城市の協力のもと実施している。

今回の実証フィールドである沖縄県座間味村は沖縄本島より北西に約40キロメートル離れた離島で、交通手段は1日3便の航路のみとなっており、村内に病院はなく診療所しかない。実証実験は、災害や病気などの緊急時における座間味村の住民の不安解消を目的とした緊急必需品の配送や将来的な飲料・食料などの生活物資配送を想定し、沖縄本島の豊見城市から座間味村まで約40キロメートルの距離をドローンで輸送した。

実証実験には、空解が開発した新型VTOLドローン「QUKAI FUSION 2.0」を使用している。固定翼型のいわゆる飛行機型でありながら、離着陸は垂直上昇、垂直下降が行える電動VTOLドローン。回転翼機のマルチコプター型ドローンのように滑走路なしでどこでも離着陸できる上に、マルチコプター型ドローンの課題であった飛行距離(通常4~10キロメートル程度)を大幅に改善した機体で、特殊FRP構造により高剛性を確保することで飛行の安定性を向上させている。

実証実験では、「QUKAI FUSION 2.0」に搭載したGNSS受信機へ高精度GNSSの位置補正情報をリアルタイム配信することで、1秒ごとに数センチメートルの誤差内の高精度測位が可能となり、あらかじめ設定した着陸ポイントに対し、海風の影響の中、自動で正確に着陸することに成功した。高精度な着陸が可能なため、離着陸の際に長い滑走路や広いスペースなどを確保する必要がなく、物資などを安全に運ぶことが可能だ。

日本国内には座間味村のみならず、有人の離島が数百か所点在しています。多くの離島では1日数便の船舶による移動や物品輸送に限られ、海上しけなど天候の悪い日は移動や輸送手段がなくなってしまうなどの課題があります。ドローンによる正確な長距離飛行を実現することで、離島の多くが抱えている課題の解決に向けて取り組んでまいります。

また、今後、有人地帯での目視外飛行(レベル4)へ向けた段階的な規制緩和が想定されているが、ドローンの自律飛行にはより一層安全な飛行が求められ、正確かつリアルタイムな位置情報の受信を行うことが重要になる。このようなシーンにおいて高精度GNSSを活用することで、人の手を介さず事前に計画された正確な離着陸が可能となる。

空解とドコモは本実証実験の結果を生かし、自治体などと連携して物流・防災・観光・点検など多種多様な分野でドローンを活用することで、社会課題の解決をめざしていくとしている。

<飛行経路図>
20220629ntt4 520x201 - NTTドコモ、空解/高精度測位で離島へ物流ドローン実証実験成功

<飛行情報>
20220629ntt5 520x177 - NTTドコモ、空解/高精度測位で離島へ物流ドローン実証実験成功

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース