LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ゼネテック/物流倉庫を見える化、3Dシミュレーションソフト発売

2022年06月17日/IT・機器

ゼネテックは6月17日、米国製で同社が日本総代理店を務める、AIを搭載した離散事象解析3Dシミュレーションソフト「FlexSim」の最新版「FlexSim 2022」の日本語版をリリースしたと発表した。

「FlexSim」は、製造工場や物流倉庫など「人」や「モノ」が動く現場を見える化し、生産性向上や最適化のための事前検証がドラッグ&ドロップ操作により誰でも簡単に行える3Dシミュレーションソフト。世界81か国で約6万ライセンスが使用されている。

<「FlexSim 2022」日本語版>
20220617Zenetettk 520x232 - ゼネテック/物流倉庫を見える化、3Dシミュレーションソフト発売

<自律移動型ロボットのシミュレーション機能>
20220617Zenetettk.1 520x273 - ゼネテック/物流倉庫を見える化、3Dシミュレーションソフト発売

最新版「FlexSim 2022」では、世界中の交通網を含むサプライチェーン・ロジスティクスの可視化により、物流効率化を実現する「GIS(地理情報システム)連携機能」や、物流倉庫の自律移動型ロボットシステムのシミュレーションが可能となる「AGV+A-Star(干渉回避モジュール)」の機能強化など、サプライチェーンの各工程の最適化により、正確で効率的なサプライチェーン・マネジメント(SCM)を強力に後押しする各機能が追加された。

<強化学習の連携>
20220617Zenetettk.2 520x149 - ゼネテック/物流倉庫を見える化、3Dシミュレーションソフト発売

また、強化学習環境(強化学習アルゴリズム)からFlexSimと通信を行うインターフェースが追加され、独自で構築したPythonスクリプトによる強化学習環境をFlexSimで実行できる。これにより、アルゴリズムを学習および評価する環境として使用でき、最適化されたモデルが得られる。

■FlexSim

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース