阪急阪神エクスプレス/クーデターでミャンマー拠点を一時閉鎖

2021年02月02日 

阪急阪神エクスプレスは2月2日、ミャンマーで発生したクーデターによる現地事業への影響について発表した。

それによると、2月2日10時時点でミャンマー国内の物流環境は、空港が閉鎖されているほか、港とコンテナヤードについてはヤンゴン港が稼働し、輸出貨物荷受を再開している。

税関は航空を除いて輸出入申告が可能で、陸運は稼働中。通信はwi-fiによる通信が可能となっている。

これらの環境の中、阪急阪神エクスプレスのミャンマー法人では、2月1日からヤンゴン市のミャンマー本社とロジスティクスセンターをともに閉鎖。従業員全員を在宅勤務とし、輸出入業務などに対応している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集